teenage fanclub + log 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | Clip!! |
Belle & Sebastian、コンピ盤『Late Night Tales』のVol.2を発売、メンバーソロも

ベル・アンド・ セバスチャンが人気コンピ・シリーズ『Late Night Tales』に続き2回目の登場。06年のVol.1に続き、Vol.2を3月24日に発売します。以下レーベルの内容紹介にあるように、彼らのセレクションでブロードキャスト、トロ・イ・モア、ゴールド・パンダ からザ・ポップ・グループ、ブラッド・スウェット&ティアーズまで多彩なアーティストが収録されているとともに、このコンピでしか聴けないベルセバによるザ・プリミティブスの『Crash』のカヴァーも収録されています。上が予告編映像です。こうしたアーティストの趣味が垣間見えるコンピはファンにとってはうれしいもの。TFCも出してくれないかな。

Late Night Tales Vol.2 - Belle and Sebastian - [帯解説付・国内盤仕様] (BRALN27)
Belle and Sebastian ベル・アンド・セバスチャン
BEAT RECORDS / LATE NIGHT TALES (2012-03-24)
売り上げランキング: 38118

1. Broadcast / Ominous Cloud
2. The Wonder Who? / Watch The Flowers Grow
3. Joe Pass / A Time For Us
4. Mulatu Astatke Yekermo Sew / A Man Of Experience And Wisdom
5. Milton Nascimento & L Borges / Tudo Que Voc Podia Ser
6. Marie Lafort / Et Si Je t'aime
7. Bonnie Dobson / Bird Of Space
8. Dorothy Ashby / Soul Vibrations
9. McDonald And Giles / Tomorrow's People
10. Gold Panda / Quitters Raga
11. Broadcast / Chord Simple
12. The Pop Group / Savage Sea
13. Stan Tracey Quartet / Starless And Bible Black
14. The Lovin Spoonful / Darling Be Home Soon Sony
15. Belle And Sebastian / Crash (Exclusive cover version of The Primitives)
16. Roland Vincent / L.S.D. Partie
17. Toro Y Moi / Still Sound
18. Ce'cile / Rude Bwoy Thug Life
19. Remember Remember / Scottish Widows
20. Trees / Streets Of Derry
21. Blood, Sweat & Tears / Spinning Wheel
22. Pete Shelley / Homosapien (Dub)
23. Steve Parks / Still Thinking Of You
24. David Behrman / On The Other Ocean
25. Paul Morley / Lost For Words pt.3 (Exclusive spoken word piece)

内容紹介(レーベルより)
《『Late Night Tales』の新作は…もはや不動の人気を誇るベル・アンド・ セバスチャンが再登場!》

ブロードキャスト、トロ・イ・モア、ゴールド・パンダ からザ・ポップ・グループ、ブラッド・スウェット&ティアーズまでをグラスゴーの至宝ベル・アンド・ セバスチャンが軽やかに紡ぎ出す極上のベッドタイム・ストーリー!

■ シリーズの目玉、カバーバージョンに彼らが今作で選んだのは88年に生まれたまさにポップ・パンクのクラシック、ザ・プリミティブスの『Crash』。もちろん本作だけのエクスクルージ・トラック!
■ 帯解説付き・国内盤仕様

昨年、10周年を迎えた大人気コンピレーション・シリーズの最新作は06年に同シリーズに登場し大好評を得たグラスゴーの至宝、ベル・アンド・セバスチャンが再登場! 今作には、これぞベルセバらしいと思える選曲と普段の彼らとは結びつかないようなレアな音源を掘り下げて選曲しているのが特徴だ。60年代後半に活躍したフォー・シーズンズの覆面バンド、ザ・ワンダー・フー?や柔らかなサウンドで人気のジャズギタリスト、ジョー・パス、そして更にエチオピアン・ジャズの最重要人物、ムラトゥ・アスタトゥケ、ハープ奏者のドロシー・アシュビーなどを優しく紡ぐ前半は本当に心地よい。そこに、ゴールド・パンダの現代的ビートとブロードキャストのサイケデリアが後半の流れへと上手く導いてくれる。中盤、ザ・ポップ・グループとスタン・トレイシーのエクスペリメンタルでディープなジャズを経て、今作の目玉であるベルセバによるザ・プリミティブス"Crash"の最高にポップなカバーとチルウェイブ・シーンで人気のトロ・イ・モアのしなやかなファンク・ サウンドから女性レゲエDJのセシールがアルバムを華やかに彩る。終盤、モグワイのからもリリースする同郷のリメンバー・リメンバーとブリティッシュ・フォークのトゥリーズ、ブラッド・スウェット&ティアーズから、バズコックスの中心人物、ピート・シェリーのエレクトロ・ポップで一気に盛り上がりをみせる。そしてスティーブ・パークスによる哀愁漂うソウル・ヴォーカルと、電子/現代音楽家デヴィッド・バーマンによるシンセとチェロの揺らぎで美しく幕を閉じる。 本作は、ここ日本でも絶大な人気を誇るベルセバが受けてきた影響やインスピレーションと共に、彼らの本当の『ホーム・リスニング・ミュージック』を見事にコンパイルしたセンス溢れる作品となっている。


Late Night Tales Belle and Sebastian Vol 2
こちらのコンピのオフィシャルサイトでは収録曲の試聴ができます。

また先のスティーヴィー・ジャクソンのソロに続き、メンバーのクリスとボブのソロ作も予定されているとのこと。クリスは『I Don't Think You're Ready For Chris Geddes』をDominoから3月30日に、ボブは『It's Bob Kildea. Don't Let Him Slip Away!』をRough Tradeから4月13日に発売予定とのこと。ベルセバの新作も待ち遠しいですが、こちらも楽しみなところ。詳しい情報がわかったらまた投稿したいと思います。

| Belle and Sebastian情報 | 20:28 | comments(4) | trackbacks(0) | Clip!! |
スポンサーサイト
| - | 20:28 | - | - | Clip!! |
管理人様
突然の投稿申し訳ありません。TFCファンの西村と申します。
いつも更新を楽しみにしております。
さて私は現在、仕事の関係で半年間だけイギリスに在住しております。
せっかくこちらにおりますので、是非TFCのホームタウン、グラスゴーも訪問したいと考えております。
つきましては、グラスゴーに訪問した際に是非訪れるべき場所、お薦めのCDショップ、TFCや他のギターポップバンドゆかりの場所など、ご教授賜ることは可能でしょうか。
滞在期間が一泊二日ということで決して多くの場所を周るのに十分な期間ではありませんが、是非とも管理人様の豊富な知識からアドバイスをいただきたく思います。
大変恐れ入りますが、コメント欄もしくはメールにてご教授を賜れればと思います。
大変勝手を申し上げますが、実は今週末に旅行の予定です。何卒宜しくお願い申し上げます。
| Nishimura | 2012/02/21 1:36 AM |

>西村さま
コメントありがとうございます。メールにてお返事差し上げました。遅くなってすいません。楽しい滞在になることお祈りします!
| 管理人bithead | 2012/02/24 4:24 AM |

No pain£¬no gain.I left at 6:00 so that I could catch the train.Excuse me£¬Sir.We are all in favor of this plan.A barking dog doesn't bite!Your answer is satisfying.I'm on a diet.It took years of hard work to speak good EnglishBottoms up!With all these mouths to feed, he didn't know what to do.
| houston texans Jerseys | 2012/11/14 1:29 PM |

こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま〜す。よろしくお願いします
| エルメス バッグ 布 | 2012/12/21 7:47 AM |










http://teenagefanclub.jugem.cc/trackback/2300
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>



このページの先頭へ