teenage fanclub + log 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | Clip!! |
BMX Bandits、待望の新作『IN SPACE』12/5本日発売!!
イン・スペース
イン・スペース
posted with amazlet at 12.12.05
ビー・エム・エックス・バンディッツ
プロダクション・デシネ (2012-12-05)
売り上げランキング: 24574

BMX Bandtisの待望の新作『IN SPACE』日本盤が神戸のディスク・デシネさんより本日12/5発売です!今作はコンセプト・アルバム!過去から現在、そして未来の宇宙へを旅路を描いた作品になっています。とはいえ変わらぬ美メロ満載のサウンドはいつもにもましてその完成度を高めていて、充実の仕上がり。ゲストには、当然ながらのTFCノーマン・ブレイクに、アルゼンチンのCineplexx、日本からもPlectrumとこれまた豪華。オリジナル・メンバーも復帰し、新旧ファン、そしてすべてのギタポ・ファンが楽しめる作品になっています。僭越ながらライナーも担当させていただきました。ぜひ!

インディ・ポップ・レジェンド、BMXバンディッツが描く過去から未来、宇宙への旅路。最高のメロディの数々が散りばめられた、スペーシー&メロウ・ポップの名曲達がここに…。 まさにレジェンドと言うべきグラスゴーのインディポップバンド、BMXバンディッツの最新作がとにかく素晴らしいです。『イン・スペース』と題された本作に収められたのは、デビュー当初から失う事の無い心に残るメロディの数々、タイトル通りの程よくスペーシーなフィーリング、いつも変わる事の無い優しさ一杯の歌心。とにかく感動です。2007年の前作『ビー・スティングス』から約5年の歳月をかけて吹き込まれた本作は、バンドのオリジナルメンバーであるJim McCullochや、Sean Dicksonの復活に加え、盟友ノーマン・ブレイク(ティーンエイジ・ファンクラブ)に、アルゼンチンのCineplexx、日本のPlectrumが参加と充実の仕上がり。何より、アルバム自体が、過去と未来と宇宙への旅路をしっかりと描いた、究極のコンセプト・ポップ・アルバムに仕上がっています。

ビー・エム・エックス・バンディッツ (BMX Bandits) - イン・スペース (In Space) (ディスク・デシネ)

また同作品はアナログも発売されています。限定。こちらも!

BMX Bandits (ビー・エム・エックス・バンディッツ) - In Space (イン・スペース) (New LP)(ディスク・デシネ)

| BMX Bandits情報 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | Clip!! |
ファイスト meets ベル&セバスチャン!KATE SIKORA『JUST ENOUGH SPACE』11/21発売
JUST ENOUGH SPACE
ファイスト meets ベル&セバスチャンとも評されるアメリカ出身、現在は日本在住の女性シンガーソングライター、ケイト・シコラのセカンド・アルバム『JUST ENOUGH SPACE』が11/21発売! 僭越ながらライナーと対訳を担当させていただきました。優しくて美しく、そして力強い作品。プロデュースはグラスゴー出身でTFCやB&Sとも仕事をしていたデイヴィッド・ノートン。本人もそうしたグラスゴーの音楽にも影響を受けていて、グラスゴー好きも必聴の作品です。ぜひ!

ニュージャージー出身の女性SSW。09年、中尾憲太郎(ex-NUMBER GIRL、CRYPT CITY)監修のコンピ『kill your T.V.09』に参加、FUJI ROCK FESTIVALにも出演。7年ぶりとなる本作は、これまでにティーンエイジ・ファンクラブ、ベル&セバスチャンなどを手がけてきたデイヴィッド・ノートンによるプロデュース。バンド・メンバーである岸田佳也(トクマルシューゴ他)、堀越武志(ex-OCEANLANE)、Minminはもちろん、世界中からゲストが参加し、ケイトの世界を彩る。その中心にあるのはケイトの甘くて優しい、そして芯のある唄声。共演したリズ・フェアをはじめとするUSインディー歌姫の系譜、カメラ・オブスキュラなどタイムレスなグラスゴーの香りを、東京から世界に向けて発信する稀有な存在である。

「ある朝会社や学校に行こうと外に出ると日差しがまぶしく空気もすがすがしい、なんだか ちょっと自分を取り囲む空間が明るく見えて、世界が新しく感じる。そんな経験をしたこ とはないだろうか? それは夕日が窓から差し込み暖かなオレンジ色の光を足元に感じた 時かもしれないし、街路樹の新緑がいきいきと風にそよいでいるのを見た時、あるいは恋 人と海辺を散歩しながら潮風の匂いをかいだ時かもしれない。でも、そうしたふとした瞬 間に自分のまわりにある世界がキラキラしていることに気づき、なんだかどこかで感じた 優しさと懐かしさが共によみがえってくる。そんな瞬間が人生には何度もあるはずだ。そ して、そんな瞬間にもしサウンドトラックを付けるなら、このケイト・シコラのセカンド ・アルバム『Just Enough Space』がぴったりじゃないかと思う。なぜなら彼女のサウン ドもそんな優しく素敵な瞬間に満ち溢れているからだ。」
安永和俊(Office-Glasgow)(ライナーノーツより抜粋)

KATE SIKORA / JUST ENOUGH SPACE
(発売元の&recordsさんのサイト、音源の試聴などできます)
| リリース情報 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | Clip!! |
Eugene Kellyが音楽監督!映画「One Night,One Love」本日11月3日公開!

ヴァセリンズのユージン・ケリーが音楽監督をつとめた映画「One Night,One Love(原題:You Instead)」本日11月3日公開!監督のDavid Mackenzieは、パステルズがサントラを担当してた「The Last Great Wilderness」がデビュー作。映画は、スコットランドのフェスT in The Parkを舞台としていて、グラスゴー好き、音楽好きは楽しめる内容です。ぜひ劇場へ!


「One Night,One Love」日本版劇場予告編

10万分の1の偶然が、恋に変わる瞬間。

イギリス最大級のロック・フェスティバル。
最高の音楽に熱狂する大観衆ーー

ステージには”手錠”でつながれた、2人のロックスターがいた 人気絶頂のエレクトロ・ポップ・デュオ、〈ザ・メイク〉のシンガー、アダムは、イギリス最大級の野外ロック・フェス〈T・イン・ザ・パーク〉に颯爽とやって来た。ところがバックステージで、売り出し中のガールズ・パンク・バンド、〈ダーティー・ピンクス〉のヴォーカル、モレロと大喧嘩に。そして信じられない偶然から、二人は手錠で繋がれてしまった! 手錠を外す手だてが見つからないまま、アダムとモレロはそれぞれの恋人やバンド・メンバーを巻き込んで熱狂渦巻くフェスで一夜を過ごすことになる。そして、最初は犬猿の仲だった二人だが、行動をともにするうちに二人の心は少しずつ揺れ動き始めるのだった……。

監督:デビッド・マッケンジー 『猟人日記』『パーフェクト・センス』
プロデューサー:ジリアン・ベリー
脚本:トーマス・レヴェリット
撮影:ガイルズ・ナットゲンズ
編集:ジェイク・ロバーツ
音楽監督:ユージン・ケリー、ブライアン・マッカルパイン
出演:ルーク・トレダウェイ『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』、ナタリア・テナ『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』、マシュー・ベイントン『ヒアアフター』、ルタ・ゲドミンタス、アラステア・マッケンジー、ギャビン・ミッチェル、ソフィー・ウー『キック・アス』 

11.3 sat. 渋谷シネクイントほか全国ロードショー!

映画「One Night,One Love」公式サイト

残念ながら映画のサントラは出ていないのですが、映画には2008年に来日してくれていたグラスゴーの女性シンガーJo Mangoも出演。11月に発売予定の新作アルバムからの「Black Sun」を披露してくれています。こちらも素敵な曲で、以下で視聴できます。映画の見る前に、見た後にチェックしてみてください。

The Black Sun by Jo Mango

Enter The Vaselines[オリジナル・ライナーノーツ14000字訳付き / 2CD / 国内盤] (TRCP61)
The Vaselines ザ・ヴァセリンズ
Sub Pop / Traffic (2009-06-17)
売り上げランキング: 106861
| The Vaselines情報 | 17:29 | comments(5) | trackbacks(1) | Clip!! |
Frànçois & The Atlas MountainsによるLightshipsのカヴァー

TFCジェリーのソロLightships。その楽曲"Sweetness In Her Spark"を、ブリストル在住のフレンチ・シンガー、フランソワ・マリー率いるFrancois & The Atlas Mountainsがカヴァー。なかなか素敵な仕上がりになっています。フランソワはカメラ・オブスキュラにホーンで参加してたりしていて、最新作はDominoからのリリース。気になる人はチェックしてみてください。

Frànçois & The Atlas Mountains - Douceur De Son Etincelle - Lightships Cover
FRáNçOIS & THE ATLAS MOUNTAINS(domino)

ジェリーのオリジナルはこちら。



エレクトリック・ケーブルズ
ライトシップス
ホステス (2012-04-11)
売り上げランキング: 153885


| TFC情報 | 16:18 | comments(2) | trackbacks(0) | Clip!! |
TFC、1995年のBBC Session音源がオンエアー中

TFCの1991年のBBC Session4曲が6Musicのサイトでオンエアー中です(いつまで聞けるか不明)。演奏曲はThe Concept / Satan、Star Sign、What You Do To Me、Everything Flowsの4曲。番組が始まって43分くらいからTFCの演奏です。1991年といえば「Bandwagonesque」がリリースされた年。今よりノイジーでラフな演奏を聴くことが出来ます。こういう音源もまとめて出してほしいですね。

The Live Music Hour - Dire Straits, Oysterband and Teenage Fan Club

Original Album Classics
Original Album Classics
posted with amazlet at 12.09.14
Teenage Fanclub
Sony UK (2012-07-17)
売り上げランキング: 38666


| TFC情報 | 23:12 | comments(3) | trackbacks(0) | Clip!! |
TFCノーマンとJoe Perniceの2ショット写真

TFCノーマンとpernice BrothersのJoe Perniceの2ショット写真をJoeがFacebookに掲載。なんだかこのノーマンいつになくすごく凛々しく映ってます(笑)2人は現在コラボレーション中。The New Mendicantsというユニットでのレコーディングのようですが、はたしてどんな音を聞かせてくれるのか楽しみにしましょう。

Joe Pernice Facebook

Goodbye Killer
Goodbye Killer
posted with amazlet at 12.09.14
Pernice Brothers
Ashmont Records (2010-06-15)
売り上げランキング: 215921


| TFC情報 | 13:54 | comments(3) | trackbacks(0) | Clip!! |
ノルウェーのI Was A King、TFCノーマンらプロデュースの新作からのシングル「Frozen Disease」

ノルウェーのギター・バンドI Was A Kingが、TFCノーマンもプロデュースに参加した新作「You Love It Here」からの先行シングル「Frozen Disease」を現地で9月7日にリリース。PVが公開されています。以前からTFC直系のギターポップを鳴らしていましたが、今回もノーマンが手掛けただけあって素敵なサウンドになっています。アルバム「You Love It Here」はノーマンとロビン・ヒッチコックがプロデュース。現地では10月5日のリリースになっています(日本は未定)。楽しみに待ちましょう。

I Was A King - Frozen Disease

Old Friends
Old Friends
posted with amazlet at 12.09.08
I Was a King
Sounds Familyre (2011-01-25)
売り上げランキング: 413210


| リリース情報 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | Clip!! |
The Vaselines USツアーでNirvanaのKrist Novoselicと共演(動画)

現在アメリカをツアーしているヴァセリンズが、なんとニルヴァーナのクリス・ノヴォゼリックと共演!その動画です!曲は「Jesus Don't Want Me For A Sunbeam」で、クリスはアコーディオンを弾いています。当然ながらニルヴァーナと親交の深かったヴァセリンズ、20年以上経ってのこの共演はファンには嬉しすぎます。残念ながら当然カート・コバーンはいませんが、にしてもこんな映像を見れるなんて。長く音楽好きでよかった。というか来日のツアーで実現したかった!

The Vaselines "Jesus Don't Want Me For A Sunbeam" w/Krist N(Guerrilla Candy)

こちらはヴァセリンズがツイッターに上げていた写真。全員集合。元ホールのエリックもいますね。素敵!

アメリカでは4公演を行った彼ら。以下そのライヴ映像もいくつか。また早く日本に連れてきたいです。

・The Vaselines US tour 2012
Son Of A Gun
Molly's Lips
DUM-DUM
You Think You're a Man

Enter The Vaselines[オリジナル・ライナーノーツ14000字訳付き / 2CD / 国内盤] (TRCP61)
The Vaselines ザ・ヴァセリンズ
Sub Pop / Traffic (2009-06-17)
売り上げランキング: 237473


| The Vaselines情報 | 02:16 | comments(1) | trackbacks(0) | Clip!! |
CROSSBEAT 2012年10月号にThe Vaselinesのインタヴューが掲載

現在発売中のCROSSBEAT 2012年10月号(レディオヘッドが表紙のもの:上画像)にヴァセリンズの来日中のインタヴューを掲載いただいています。WEBでのインタヴューはありますが、誌面に掲載されるのはこれのみ! ユージンとフランシスのまるで夫婦漫才のような抱腹絶倒の内容です。が、しっかりとバンドを続けるということへの真面目な答えも聞かせてくれています。バンド結成当時の秘話も。僕の写真もちゃっかり一枚乗せてもらってます…(笑)ぜひ書店にてチェックください!

CROSSBEAT 2012年10月号(シンコーミュージック)

Enter The Vaselines[オリジナル・ライナーノーツ14000字訳付き / 2CD / 国内盤] (TRCP61)
The Vaselines ザ・ヴァセリンズ
Sub Pop / Traffic (2009-06-17)
売り上げランキング: 237473


| The Vaselines情報 | 22:57 | comments(1) | trackbacks(0) | Clip!! |
TFCフランシス制作のショートムービー「Cartoon Glasgow」

TFCのフランシスが、「Cartoon Glasgow」と題したショート・ムービーを制作。公開してくれています。その名の通り、アニメ風に処理されたグラスゴーの風景をまとめた作品。iphoneのアプリで制作されたようです。映像に付いている音楽ももちろんフランシスなのですが、ピアノが印象的でこちらも素敵です。最近フランシスは地元のショート・フィルムのサントラを手がけたりしているので、映像の分野でこれからまた作品を出してくれるかもしれませんね。

Francis Macdonald - Cartoon Glasgow

Original Album Classics
Original Album Classics
posted with amazlet at 12.05.31
Teenage Fanclub
Sony Music CMG (2012-07-09)
売り上げランキング: 2694


Check
| TFC情報 | 10:10 | comments(1) | trackbacks(0) | Clip!! |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>



このページの先頭へ